PMP試験にも実務にも役立つ「ステークホルダーの特定」プロセス

顧客の現場担当者とプロジェクトを順調に進めていたのに、終盤になって顧客の偉い人が出てきて、

「思っていたのと違うなあ」

の一言で、これまで積み上げてきたものを捨てて大きな手戻りになる・・・こんな経験ありませんか?

仕事系のドラマでもよくあるこんなシーン、インパクトの大小はあれど、誰しも経験していると思います。

 

この事態は、プロジェクト・エンゲージメント・マネジメントの不足が招いています!

 

本記事では、プロジェクト・エンゲージメント・マネジメントの立ち上げフェーズのプロセスである、プロジェクトホルダーの特定について説明します。

 

 

続きを読む

【PMP試験】10分で得点源となるCode of Ethicsのすすめ

PMP試験に合格するには、PMBOKの読み込みが必要です。PMBOKの分量は多く、PDF版で995ページもあります。

PMBOKガイドPDFの無料入手法

 

すべてに目を通す必要があるわけではないですが、それでも合格に必要な知識を得るにはかなりの時間をこのPMBOK読み込みに使うことになります。

 

そんな中、PMBOK外で、しかも分量の少ない、PMP出題範囲があります。

それがCode of Ethicsです。

本記事では、Code of Ethicsについて解説します。

 

 

続きを読む

PMPで給料は上がるのか?PMP資格者の給与水準の公開

プロジェクトマネジメントの仕事は、資格がなくても誰でも従事することができます。むしろ、誰もが無資格の状態で従事して経験を積み、はじめて受験資格を得ることができます。

一方で、PMPを取得するにはコストがかかります。
PMP取得の費用がどのくらいかかるのかは、こちらの記事にまとめました。

【PMP費用】PMP受験に必要なコストを抑える方法
【PMP費用】筆者がPMP受験にかけた全費用

費用と勉強のための労力をかけてPMPの資格を取得することに意味はあるのでしょうか。

PMP資格を取ることでの実務上のメリットはもちろんあります。

PMP資格は実務に役立つのか

実務上のメリットに加えて、金銭的なメリットはあるのでしょうか。

実は、PMP試験の主催者団体であるPMIが全世界で調査し、結果を公表しています。

続きを読む

【英語】グローバルチームで働くときによく使う英語フレーズ8選

グローバルチームで働くときには英語でコミュニケーションを取ります。プロジェクトメンバーには英語がネイティブの人も、非ネイティブの人もいます。

そんなメンバーとのコミュニケーションをとる中でよく使う英語フレーズを8個挙げてみました。

帰国子女の方などにとっては当たり前の言い回しかもしれませんが、筆者は学校では習った覚えがなかったので、筆者のように純ドメで英語を勉強している方には役に立つかと思います。

「日本人は英語ができない」というのは多くの欧米人が認識している現実です。逆に、ちょっと気の利いた言い回しが言えるだけで「こいつは典型的日本人とは一味違うぞ」という印象を持たせられるので、その後のコミュニケーションが円滑になります。

 

スタディサプリ ENGLISH ビジネス英語コース

 

 

Please let me know if you have any questions.

英文:Please let me know if you have any questions.

意味:分からないことがあったらおっしゃってください。

何かを依頼するメールの最後にこの一言を使います。派生として

  • Please let me know if you have any concerns.
  • Do not hesitate to ask me if you have any questions.

といった言い回しもあります。

ネイティブの人も使うフレーズですが、このコメントを真に受けて質問すると、I don’t know.と返ってくることもあります。

 

続きを読む

【PMBOK第6版】非事象リスクとは

PMBOK第6版より、非事象リスクについての記載が追加されました。(398ページ

非事象リスクとは何なのか、本記事で解説します。

 

非事象リスクとは

将来起こるかわからない具体的なリスクのことを事象リスクと呼び、そうではないリスクのことを非事象リスクと呼びます。

事象リスク(事象に基づくリスク)の例

  • 主要納入業者がプロジェクト中に廃業する
  • 設計完了後の顧客の仕様変更要求

 

非事象リスクは変動リスクと曖昧さリスクに分類することができます。

変動リスク

計画時に定めたパラメータの実際が予測から外れることを変動リスクといいます。

変動リスクの例

  • 生産性が目標値を外れる
  • テストで検出されたエラー件数が予測圏から外れる
  • 建築プロジェクトにおいて、季節外れの異常気象が発生する

 

曖昧さリスク

将来起こるかもしれない、不確実なこと(=曖昧さ)を曖昧さリスクといいます。特に、プロジェクトに関する不完全なナレッジが影響を及ぼす場合のリスクです。

曖昧さリスクの例

  • 要求やテクニカルソリューションに関する断片的な理解
  • 将来的な規制に関するフレームワークの開発
  • プロジェクト固有の複雑さ

 

【PMBOK第6版】テクニカルターム この差って何ですか – 計数サンプリングと計量サンプリング

本記事では、計数サンプリングと計量サンプリングの違いについて説明します。

計数サンプリング・計量サンプリングは

PMBOK 8章 プロジェクト品質マネジメント

に登場します。

試験中にこれらの用語が出てきたとき、とっさにどちらの単語がどちらの意味を持つのか判断できるようにしておきましょう。

 

続きを読む