【PMP出願】PMP受験のプロセス

PMPの受験を決意してからPMPホルダーとなるまでに、どのような手順を踏めば良いのか、全体の流れを説明します。

それぞれの手順の詳細は別途記事にします。
PMP受験申し込みについてはこちらから

 

続きを読む

【PMP対策】PMP虎の巻の活用法

筆者が公式トレーニング以外に唯一活用した参考書がPMP試験合格虎の巻です。


PMP試験合格虎の巻 第6版対応

PMP試験は受験料が高額なためプレッシャーがかかります。どうしても不安になるのであれこれ対策本や講習を追加購入したくなりますが、腰を据えて参考書一冊に取り組めば十分合格できる実力をつけることができます。

本記事ではどのようにこの参考書を活用したか説明します。

続きを読む

PMP試験で必ず出題されるアーンドバリューマネジメント(EVM)計算問題の勘所

アーンドバリューマネジメント(Earned Value Management, EVM) の計算問題はPMP試験で必ず出題されます。

確実に正解できるよう覚えるべきタームをまとめます。

このエリアの用語は英語の短縮語(Abbreviation)なので、用語は英語のまま覚えてしまった方が混乱が少なくて良いと思います。

※英語が苦手な方は筆者の英語学習方法の記事もご覧ください。

短期間で成果が出る英語コーチング【イングリード】

EVM基本データ

 

PVPlanned Value ある時期までに割り当てられた計画予算。
ACActual Value ある時期までに実際に支出された費用の累積値。
EVEarned Value ある時期までに実際に実施した作業の承認済み予算額の合計。

 

指標値

CPICost Performance Index=EV/AC 1より大きければ実コストは計画コスト内
SPISchedule Performance Index=EV/PV 1より大きければスケジュールは予定よりも進捗している
CVCost Variance=EV-AC 正の値であればコストは予算内
SVSchedule Variance=EV-PV 正の値であればスケジュールは予定よりも進捗している

BACBudget At Completion –プロジェクト完成までの総予算
EACEstimate At Completion=AC+(BAC-EV)/CPI プロジェクト途中で算出する。プロジェクト完成までの総コストを再見積した値
VACVariance At Completion=BAC-EAC

 プロジェクト途中で算出するEACと当初予算であるBACの差

ETCEstimate To Completion=EAC-AC プロジェクト途中で算出する。残作業のコスト見積
TCPITo-Complete Performance Index=(BAC-EV)/(BAC-AC) =(BAC-EV)/(EAC-AC)

 残作業のコスト効率。EACが承認された場合は後者の計算式(分母がBACからEACに置き換わる)

外資系企業・IT業界のハイクラス転職に特化 【アクシスコンサルティング】

【PMP】合格のために覚えるべき49のプロセス一覧(PMBOK第6版対応)

第6版のプロジェクトマネジメント知識エリアとプロセス

PMBOKガイドではプロジェクトマネジメントに必要な知識をエリアごとに分類し、それぞれプロセスに分けて説明しています。

版によって知識エリアとプロセスは変わるのですが、最新版である第6版では、10の知識エリアと49のプロセスが定義されています。

知識エリア

知識エリアは以下の通りです。

  • プロジェクト統合マネジメント
  • プロジェクト・スコープ・マネジメント
  • プロジェクト・スケジュール・マネジメント
  • プロジェクト・コスト・マネジメント
  • プロジェクト品質マネジメント
  • プロジェクト資源マネジメント
  • プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント
  • プロジェクト・リスク・マネジメント
  • プロジェクト調達マネジメント
  • プロジェクト・ステークホルダー・マネジメント

プロセス群

プロセス群は5つに分類されています。

  • 立ち上げプロセス群
  • 計画プロセス群
  • 実行プロセス群
  • 監視・コントロール・プロセス群
  • 終結プロセス群


短期間で成果が出る英語コーチング【イングリード】

プロジェクトマネジメント・プロセス一覧

PMBOK第6版では49のプロセスが定義されており、各プロセスが上記の知識エリア×プロセス群のマトリックスのいずれかに割り当てられています。

一覧にしたのがこちらです。この表は暗記して、各プロセスがどの知識エリアおよびプロセス群に属しているか、すぐ判断できるようになっておきましょう。

【A4印刷用】プロジェクトマネジメントプロセス群と知識エリア

こちらのリンク先のファイルはA4ジャストサイズに作成したので、印刷して学習中に逐次確認するようにすると、早く覚えられると思います。

 

PMP試験対策に活用いただけたら嬉しいです。

 

なおPMP試験対策は、虎の巻がおすすめです。こちらの記事に虎の巻を使った対策法をまとめているのでご覧ください。

【PMP対策】PMP虎の巻の活用法

 

これからPMP試験対策を始める方は、35時間の公式トレーニングを受講する際に各プロセスをしっかり学習するようにしましょう。公式トレーニングの選び方はこちらの記事をご覧ください。

 

本サイトでは、PMBOK知識の底上げ記事も書いているので、あわせてチェックしてみてください。

【PMBOK第6版】スケジュールで重要なクラッシングとファストトラッキング

【PMBOK第6版】資源平準化と資源円滑化の違い

【PMBOK第6版】テクニカルターム この差って何ですか – 計数サンプリングと計量サンプリング

【PMBOK第6版】非事象リスクとは

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【PMP費用】筆者がPMP合格にかけた全費用

先の記事で、PMP取得の最低コストを試算しましたが、本記事では筆者が実際にPMP合格にかけた全費用を紹介します。

 

※PMP取得の最低コストの試算記事はこちら

 

筆者がPMP合格にかけた費用の合計は78,096円です。最低コストよりは高い金額ですが、一発合格を確実にするために追加コストをかけたと考えれば安いかなと考えています。

特に、35時間のトレーニングの受講を1300円で済ませられたのが安い準備費用にできた最大の要因かと思います。

それでは費用の内訳について説明します。 続きを読む