PMPで給料は上がるのか?PMP資格者の給与水準の公開

プロジェクトマネジメントの仕事は、資格がなくても誰でも従事することができます。むしろ、誰もが無資格の状態で従事して経験を積み、はじめて受験資格を得ることができます。

一方で、PMPを取得するにはコストがかかります。
PMP取得の費用がどのくらいかかるのかは、こちらの記事にまとめました。

【PMP費用】PMP受験に必要なコストを抑える方法
【PMP費用】筆者がPMP受験にかけた全費用

費用と勉強のための労力をかけてPMPの資格を取得することに意味はあるのでしょうか。

PMP資格を取ることでの実務上のメリットはもちろんあります。

PMP資格は実務に役立つのか

実務上のメリットに加えて、金銭的なメリットはあるのでしょうか。

実は、PMP試験の主催者団体であるPMIが全世界で調査し、結果を公表しています。

レポートの概要

このレポートは2017年にPMIが世界中のプロジェクトマネージャーに対してアンケート形式で調査した結果を統計的にまとめています。

世界37か国から、33,000人以上がこの調査に回答しています。
回答者のうち、82%がPMP資格保持者です。

日本からは、699人が回答しています。

グローバルの結果

概要

PMP資格保持者の給料は、非資格者の給料に比べて23%高いことがわかりました。(PMP資格者と非資格者それぞれの中央値で比較)

プロジェクトマネージャーの給与の高い国は?

ドルベースで見たときの、国ごとのプロジェクトマネージャーの年収ランキングは以下の通りです。

国ごとのプロジェクトマネージャーの年収ランキング

順位国名年収(ドルベース)
1スイス$130,966
2米国$112,000
3オーストラリア$108,593
4ドイツ$88,449
5オランダ$86,292

※年収の値は中央値

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 8より引用

日本円換算で1000万円近く以上の年収になっています。

日本の結果

それではいよいよ日本の結果を見ていきましょう。

日本のプロジェクトマネージャーの年収

日本のプロジェクトマネージャーの年収は

年収中央値で700万円(ボーナスを入れると930万円)

でした。

詳しく見ていきましょう。ここからはボーナスを除いた年収で比較しています。

PM経験と年収

PM経験年数と年収

PM経験年数と年収

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 9をもとに筆者作成

PM経験が長いほど高い年収となっています。

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

チームメンバー数と年収

担当するプロジェクトの規模によって年収は増えるのでしょうか。率いるプロジェクトメンバー数と年収の関係は次の通りです。

プロジェクトチームメンバー数と年収

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 12をもとに筆者作成

チームメンバー数が多くなるほど高い年収となっています。チームメンバー数が増えるほどマネジメントの難易度は上がる*ので、納得感のある相関性です。

* PMBOK内プロジェクト・コミュニケーション・マネジメントにも言及がある通り、コミュニケーションチャネル数は n(n-1)/2 で計算されるので、人数が増えるほど複雑性は増す。

プロジェクト予算と年収

プロジェクト規模のもう一つの指標であるプロジェクト予算では年収と相関があるのか、見てみましょう。

プロジェクト予算と年収

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 12をもとに筆者作成

こちらも、プロジェクト予算が増えるほど年収は増加傾向にあります。

PMP取得による給料アップはあるのか?

さて、いよいよPMP資格の有無を軸にした調査結果です。

PMPを取得すると給料はアップするのでしょうか。

調査の結果は以下の通りです。

 年収中央値
PMP資格保持者700万円
PMP資格非保持650万円

日本ではPMP資格を持つことによって、年収は50万円上昇することが期待できます。

ちなみに、この差(8%弱)は世界水準からすると低く、調査対象37か国中35位です。

国ごとのPMP保持による年収上昇率を高い順に並べてみましょう。

PMP取得による年収上昇割合

PMP取得による年収上昇割合

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 10をもとに筆者作成

諸外国と比べると、PMPの価値はまだ認められていないのかもしれません。



日本でプロジェクトマネージャーとして給料を増やすには?

最後に、プロジェクトマネージャーとして給料を増やすにはどうしたらよいかを考えてみます。

すでに紹介した通り、PM経験年数が長く、プロジェクト規模が大きいほど給料は伸びていきます。

そしてもう一つ、重要な要素が、業界です。

レポートでは、回答者が10人以上いる業界について、業界ごとの給料も公開されています。各業界の年収の中央値見てみましょう。

業界ごとのプロジェクトマネージャーの年収中央値

業界年収 [万円]回答者数
コンサルティング95033
保険86318
金融80038
ビジネスサービス78015
公共76710
製造75043
通信71136
建築70011
IT700357
エンジニアリング692100

Project Management Salary Survey, 10th Edition Page 129をもとに筆者作成

ご覧のように、最も年収の高いコンサルティング業界は、最も低い業界に比べて250万円近く、30%以上も給料が高いです。

 

まとめると、給料の高いPMは以下の要素を持っていることになります。

  • PM経験が長い
  • プロジェクトチームが大きい
  • プロジェクト予算が大きい
  • 給与相場の高い業界に属している

また、現時点での自分の市場価値(≒給料)がどのくらいあるのかは、「ミイダス」で調べることができます。

転職活動時に参考としてみることが多いサイトではありますが、自分の市場価値がどの程度なのかを定期的にチェックしてみても良いかもしれません。

https://miidas.jp/

今回引用した元の資料はWebで公開されていますので、興味がありましたらぜひ原典も見てみてください。(英語)

Project Management Salary Survey, 10th Edition

https://www.pmi.org/-/media/pmi/documents/public/pdf/learning/salary-survey-10th-edition.pdf?la=en

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT<ご登録無料>

新規会員登録(無料)はこちら【アクシスコンサルティング】

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

*