【PMP試験】PDUの申請 -Work as a Practitioner –

PMPを取得したのち、資格を維持するためには3年間で60PDUを申請する必要があります。

 

PDUの多くはトレーニング受講などの自己研鑽が必要ですが、日々の活動がギブバック活動として申請可能なものがあります。

 

PDUの内訳についての詳細記事はこちら↓

【PMP試験】PDUの申請

 

ギブバック活動の中でもPMP保有者の多くがすぐに申請可能なものが、本記事で紹介するWork as a Practitionerでの申請です。

これは、PMP保有者が実務者として仕事をしたことを申請対象とするものです。

PMP保有者の多くはプロジェクトをリードする立場で仕事をしていると思いますので、そういった方であればその実績をPDU対象として申請することができます。

Work as a PractitionerのPDU申請方法

PDUの申請方法を説明します。

申請はPMIのウェブサイトにて、自身のマイページから行います。

 

PMIのサイトにログインし、my PMIを開きます。

右側のCERTIFICATION STATUSの下部に、「Report PDUs」というボタンがあるのでクリックします。

 

Report PDU

 

申請するPDUの種類を選択するページに遷移するので、そこで”Work as a Practitioner”をクリックします。

Work as a Practitioner

 

申請するプロジェクトマネジメント活動の詳細を入力します。入力は(PMP受験時の申し込みと同様に)すべて英語で行います。

 

Employer: その仕事を実施した際に所属していた会社名を入力します。

Job Title: その仕事を実施した際の肩書を入力します。(例: Project Manager, Project Leadなど)

Responsibilities: その仕事を実施した際の自身の責任範囲を記入します。この記述はPMP受験申請の際の職務経歴の記入の要領で書くとよいでしょう。
※職務経歴の記載の仕方の記事はこちら

URL: その仕事に関連するURLがある場合には入力します。

Contact Person: その仕事に関する照会先の人物名を入力します。おそらく監査対象になった際の問い合わせ先と思いますので、基本的には上司の名前で良いかと思います。

Contact Phone: その仕事に関する照会先の連絡先電話番号を入力します。

Contact Email: その仕事に関する照会先の連絡先Emailアドレスを入力します。

Date Started: その仕事の開始日を入力します。

Date Completed: その仕事の完了日を入力します。

PDU Claimed: その仕事で申請するPDU数を入力します。後述しますが最大8.0までです。

 

Work Practiotioner Form 1

 

Work Practiotioner Form 2

末尾の “I agree this claim is accurate.”にチェックを入れて、Submitします。

 

申請が完了すると、申請状況が表示されます。

Claim PDU Status

 

注意点

Work as aPractitionerで申請可能なPDUは、1つのサイクル(3年間)につき、最大8PDUまでです。

1つのプロジェクトでPMとして働く時間は8時間より多いものが大半と思いますが、申請は8 PDUで行いましょう。

 

また、申請フォームでOptionalとなっている項目は空欄でもsubmitできますが、監査対象となった際の照会をスムーズにできるようにするため、可能な限り入力したほうが良いのではないかと思われます。

なお筆者が申請した際はURL以外はすべて入力して申請したところ、すぐに承認され取得済みPDUとしてカウントされました。タイミング的に自動承認されるようになっているようです。

 

最後に

本記事ではWork as a PractitionerでのPDUの申請方法について説明しました。

PDUのルールの詳細については、日本PMIが発行しているCCRガイドブックも参照してください。

Python 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイルを学ぶオンライン講座

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

*